2007年04月15日

再入院4日目、納得いかないこと。。。

IMG_36001.jpg
+じっとしていないぐらい元気なアミーさん+


再入院して4日目を迎えました。

昨日は院長からお話を伺いましたが、元気があまりないと言われました。
確かに若干おとなしい感じはしました。

しかし、今日は待合室で待ってるときに、病室からでっかい声で吠えてる犬が。。。
恥ずかしながらアミーさんです^^;
私たちの声が聞こえたのかな??

今日はすっかり元気でしたよ^^
なぜ帰れないの??って思うぐらいです。


納得いかないこと。
なぜこんなに元気で、食事もきちんと食べる子がまだ入院してるのか?

医師から明確な説明があればいいんです。
まだ不安があるなら当然入院してもらいます。
しかし、今日、明日と院長はお休みで判断できないんです。

それがおかしい!!

今日の面会時は院長はいなくて頼りない医師一人だけでした。


金曜日に血液検査をしました。
細い血管のため潰れてしまっている。。。というようなかわいそうな状況の中です。
アミーだって辛いと思います。

検査結果は面会中に出なかったら、連絡しますと言われました。
しかし、連絡はありませんでした。。。

今日の面会時、当然報告があるだろうと思ったら、
私たちが求めるまで、報告はありませんでした。

しかもその結果は、正確なデータが取れなったため、
再度データを取るとの事。。。

きちんと聞き直さなかった私も悪いのですが、
昨日取った血液のデータってこんなに時間が経っても取り直せるの??
また採血する気??


退院について医師に尋ねると、
「月曜日まで院長がいないので相談してから。。。」
みたいなことを言われましたよ。

ごはんも食べて、元気な子を病院に置いておくのは、
その子にとって良い判断だとは思えないのですが。。。

もしかしたら、まだ不安な部分があるのかもしれません。
だったらそれを明確に説明していただきたいのです!!

「院長に聞かないと。。。」
じゃダメだと思うのです。


本当にこの医師は頼りなさ過ぎると思います。
アミーがこの先生にだけ非常に怒るのも当然だと思います。

もし、現在のアミーがすでに退院できる状態で、
院長がいないから、退院できない。。。
という状況だったら、私は納得できません!!


もし、院長がいないときに急変したら。。。と思うとぞっとします。
こんな頼りない医師には任せられません。

急患が来たら、きちんと対処できるのでしょうか??
と思ってしまうほどです。


私だけかもしれませんが、患者の立場って弱いと思います。
もしここで私が文句でも言ったら、アミーは放り出されると思うんです。

「納得できないなら、他の病院行ってください。」って。

人の診療と違って、こんな状態で転院したら、
次の病院に引継ぎもなく、再度検査などしなければいけないと思うんです。

アミーの命は獣医師たちにかかっていて、
その獣医師にはとても立ち向かってはいけません。
命を預けている以上、患者の立場は弱く感じるんです。
文句を言ったら、嫌な患者で見捨てられる。という思いがあります。

人間の病院でさえもそう感じます。

医者は偉くて、患者は弱い。

私の偏見かもしれませんが、医者(獣医師)に対して、
本当に思ってることを言えない人も多いんではないでしょうか?


そんなに納得できないなら病院を変わればいいと思われるかもしれません。

ですが、ここが一番近い病院なんです。
何かあったときにすぐに行ける病院。

もう1つアミーの足のセカンドオピニオンで行った大きな病院があります。
そこは少し遠くて車で30分以上かかります。
ですが、獣医師も多いです。
大きな病院なので、施設も整っています。


できれば同じ先生にじっくり診てもらえるというのが、
本来の私の獣医に対する理想ではあります。

今、アミーが入院している病院は、そのタイプです。
しかし、院長先生は出張などで不在のときも多く、
正直頼りにならない先生に診てもらわざるを得ない状況にあるときも、
多くなるのが現状です。


いろんな獣医さんに行ってきましたが、本当に難しいです。。。
「ここなら本当に100%信頼して任せられる!!」
と思ったことはありません。

「100%」なんてありえないのかもしれません。

ですが、かわいい子供たちです。
心から信頼できる獣医に任せたいのが心情なのです。。。







posted by りさ at 02:13| Comment(4) | TrackBack(0) | アミー(膵炎) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えっと、不愉快な思いをされたらごめんなさいね。
もし、今、頼りになる院長先生がいらっしゃらない状態で、自宅に連れ帰って、安静を保つ自信はありますか?
前回の退院時のように、また崩してしまったら?

頼りない先生方も、そこを心配しておられるのではないでしょうか?
経験も少ない、確かに頼りない人達かもしれませんが、素人の私達飼い主よりもずっと専門知識も持っておいでです。

もし、それでも信じられないのであれば、このまま病院に置いておくよりは家の方が良いと思われるなら、その旨伝えれば良いのでは?
そして、今の病院の院長先生に自分の正直な気持を伝えてみられては?

思っている事を言えない気持は分かります。
が、言う勇気を持つのも飼い主の務めじゃないでしょうか?
文句を言うのではなく、納得行くまでの説明を受ける、それを嫌がるような獣医師ならば、離れるしかないですよね。

私も何度も呆れ笑いをされながらもそれを繰り返し、今は確かな信頼でお任せ出来る先生とめぐり合いました。
近くに病院はたくさんありますが、それでも今の病院を変えたくないと思っています。
不安はなるべく残したくないですもん。
つらいのは飼い主ではなく病んでいる犬達なのですから。

生意気言ってすみません。
今のままじゃ、不安と不信感で、一番大切な事を見失ってしまうのではないかと心配です。
Posted by めぐ at 2007年04月15日 07:07
アミーちゃん、元気になってきたようでほっとしています。待合室まで聞こえる声で吠えるなんて頼もしいじゃないですか(^^)でもりささんの不安&不満な気持ちもよくわかるなあと…

うちの獣医も院長のほかに二人若い先生が居ますが、やっぱりまだ勉強中っていう感じで、
何か訊ねたときや最終診断の場面には必ず院長先生が出てきます。
若い先生だけだと(特に病状が心配な場合)やっぱり不安で、院長先生の話を聞かないと
納得できないと思ってしまいます。これはみんなそうだと思います。
院長先生は忙しいこともあってか、わりとクール?な人なんで、聞きたいことは事前に自分で
ハッキリさせて質問するようにしています。中途半端な訊き方をすると逆にこっちが問い詰められるし(汗)

もちろん聞いたことにはきちんと答えてくれるのですがチョット恐い?印象(^^;近所のお喋りな
おばさん飼い主さんとかは「あそこは苦手〜〜」と言ってます(笑)すごくわかります…
でも院長先生は知識も腕も信頼できるので通っています。
(近所の飼い主さん達から病院の情報を集めるといいと思いますよ)
やはり疑問点は飼い主が訊くしかないから、りささんが納得するまで院長先生と話し合うことだと
私も思います。動物も人間同様にインフォームドコンセントが重視されるべきですよね!
Posted by JUN at 2007年04月15日 09:29
わたしも、いくら頼りない先生でも
飼い主であるりささんが納得行くまでお話しされれば良いと思います
それさえできない獣医師なら、病院内での重要な連絡事項がスタッフ間で共用化されていないということで、いくら院長先生の腕が確かでも良い病院とは言いかねるかもしれません…
頼りないと思われる先生ととことん話し合って問題あるならば
それを録音して院長先生に聞いていただいても良いと思いますよ

それでも改善されないならば、やはりアミーちゃんの状態がかなり安定したら、転院すれば良いと思います

わたしは、今の先生とめぐり合えるまで車で30分以上の距離を含めて10件以上の病院をまわりました
もちろん手当たり次第でなく、お散歩仲間さんやお出かけ先で犬を飼ってらっしゃる方の意見を聞いて吟味してからです
ルナを毎回は連れていけないので半分位の病院は、自分だけが何気ない質問を持って病院に行って、できるだけ先生を出してもらえる状態にして、使える病院かどうかチェックしましたよ

やっとめぐりあえた今の先生とも信頼関係を築くまでには、ほんとに呆れ笑いされるような些細な質問も毎回してきましたし、獣医師側だけでなく飼い主側の努力も必要だと思います
しゃべれない犬猫に代わって伝えられるのは飼い主ですからどんな些細なことも話し合って納得するのは大事だと思います

正直ウチのかかりつけも若い先生は頼りないです
でも、彼の勤勉さと動物に対する温かさをわたしは信用しています
わかるまで話し、調べ、院長先生不在でも緊急なら連絡をとって指示を仰ぎ、ほんとに大変なら院長先生も駆けつけてくださいますよ

***

長くなってしまいましたが
アミーちゃんは、もうしばらく、病院で預かっていただいて
本当の意味で安定するまで、プロの手でケアしてもらうのが
わたしも良いと思います
いくら頼りなくてもわたしたち素人よりは細やかなケアをしてくださるし、異変にもすぐ対応してくださるはずです
専門知識を備えた人たちばかりなのですから…

ルナもわたしが長く実家に帰っていた時に、膵炎疑惑騒動があり
最低でも、1週間以上の入院か、点滴や注射や体調チェックのため毎日の通院が当たり前であることを
検索したり先生複数に聞いたりして初めて知りました
アミーちゃんは膵炎だけでなく、貧血もあるのですから慎重過ぎる位で良いと思います

りささんが色々考えでおられるのに不愉快な思いされたらごめんなさい
Posted by シロリー@携帯 at 2007年04月15日 10:11
貴重なご意見を本当にありがとうございますm(__)m

みなさんがおっしゃるように、私がアミーのためにも、
勇気を持って全ての疑問を投げかけていかなければいけませんね。

ネットで出来る限りの情報を調べました。
血液検査の数値が何を表すかも全て調べました。
病院に行くときは、質問したいことを忘れないようメモ書きします。
そして聞きたいことは全て伺うようにしています。

院長がいないとき、まともな答えが返ってこない獣医師に対し、
やはり不安な気持ちが沸いてきてしまいます。
再度質問すれば、「院長に伺ってください。。。」

でもそれでも、私たち素人よりは勉強もなさり、
たくさんの知識を持たれた獣医さんですからね。
うちに連れて帰ろうかとも正直思ってしまいました。
でも任せたほうがアミーにとっても良い決断ですね。
辛いのはアミーですから。

膵炎も貧血も命さえ奪う危険な病気です。
この状態で他の病院へ転院することはできません。

院長先生に関しては腕もいいと思いますし、信頼しています。

地元ですので友人や同じマンションの方にも動物病院の情報は聞いています。

今日は診察が埋まってしまっているために、
獣医さんとお話しすることは出来ません。

明日は院長がいらっしゃるので、いろいろ伺って来たいと思います。

何よりもアミーが元気になることを最優先したいと思います。



Posted by りさ@管理人 at 2007年04月15日 16:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/38743933

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。